ヒトリガ科

2009年8月18日 (火)

コケガもいろいろ

0908181
コケガと言うとハガタベニコケガのような蛾を想像してしまう私。この写真の蛾がコケガの仲間だとは思ってもいませんでした。自分では同定できず、蛾の掲示板(下の参考サイト)でお尋ねしたところ、ウスバフタホシコケガと判明。今後はこのようなコケガもいるということを覚えておこうと思います。ちなみに、幼虫は地衣類を食べるそうです。


掲示板でお答えいただいたyyzz2さんには、この場を借りてお礼申し上げます。yyzz2さんにはこのブログでもたびたびコメントをいただいておりますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。


●ウスバフタホシコケガ/Schistophleps bipuncta
ヒトリガ科コケガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2009.7.29/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

けっこう名の知れた蛾なのでは?

0906291
なぜか昔から知っているカノコガ。蛾に興味がない頃から名前だけは耳にしていました。

公園を歩いているときなども、子どもたちが「あっ、カノコガだ!」なんて叫んでいる声を耳にします。なぜなんでしょう? そんなに人気者になる蛾ではないと思うのですが…

考えてみれば蛾らしくない蛾なのかもしれません。鹿の子模様が日本人の遺伝子、いや記憶に染み付いているのでしょうか。体も小さいですし、鱗粉をまき散らす嫌な感じがないから? 個人的な意見ですが、飛ぶときの姿がかわいらしいからかも。

まあ、とにかく意外にも名の知れた蛾の一種なのでしょう。写真は交尾中のカノコガです。図鑑ではカノコガ科になっていましたが、ネットで検索するとヒトリガ科カノコガ亜科になっていました。今はカノコガ科は存在しないのでしょうか?


●カノコガ/Amata fortunei fortunei
ヒトリガ科カノコガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』
(2009.6.20/小美玉市・旧美野里町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

星がないのにヨツボシホソバ

0906232
ヨツボシホソバのオスらしいです。メスには星が4つありますが、オスには1つもありません。

茨城県の北西部で撮影しましたが、この日はこの蛾がたくさん飛んでいました。でも、メスは一匹も見かけなかったと記憶しています。


●ヨツボシホソバ/Lithosia quadra
ヒトリガ科コケガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2009.6.13/城里町・旧常北町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

インディアンの壁画

0906181
ゴマダラベニコケガのようです。コケガは見た目が似たようなのが多いです。

この色と模様を見ていたら、インディアンの壁画を連想しました。実物はもちろん、映像や写真でも見たことはありませんが、こんな色使いの絵を書くのではないかと勝手に思い込んでしまいました。

じつは、茨城のひたちなか市(旧勝田市)の虎塚古墳の壁画は、こんな色が使われています。そのレプリカを見たときに、インディアンを思い浮かべました。そのときの印象が強く残っているせいかもしれません。


●ゴマダラベニコケガ/Barsine pulchra leacrita
ヒトリガ科コケガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2009.6.13/城里町・旧常北町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

スジベニコケガ

080815
ヒノキの樹皮上に止まっていました。


●スジベニコケガ/Barsine striata striata
ヒトリガ科コケガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2008.8.6/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

雪兎のような蛾

080731
純白の蛾です。真夏なのに、雪景色のなかにたたずむ兎を思い浮かべました。とてもきれいです。さわって感触を楽しめばよかったかなぁ…と、ほんの少し後悔しています(確か、毒はなかったはず)。

図鑑で調べたところ、シロヒトリのようでした。ネットで検索したら、幼虫の食草がスイバ、ギシギシ、イタドリなどのタデ科植物のほか、キク科のタンポポ、オオバコ科のオオバコであることがわかりました。食草から判断すると、どこにでもいる蛾のようです。


●シロヒトリ/Chionarctia nivea
ヒトリガ科ヒトリガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2008.7.24/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

オレンジの蛾

0806252
逆光で撮るとひときわ美しい蛾です。悲しいことにピントが甘いので写真はぜんぜんよくありません。

図鑑で調べたらハガタベニコケガのようでした。黄色というよりはオレンジの蛾と言った方がいいような気がします。ヒトリガ科の仲間にはこの色をした蛾が多いような気がします。もしかして、その仲間の専用色なのでしょうか?


●ハガタベニコケガ/Miltochrista aberrans aberrans
ヒトリガ科コケガ亜科

参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2008.6.8/ひたちなか市・旧勝田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

コケガだとは思いませんでした

080609
図鑑でハガタベニコケガを探していたら、偶然同じページに載っているのに気付きました。まさか、コケガ科の蛾だとは思っていませんでした。名前はホシオビコケガでした。


●ホシオビコケガ/Aemene altaica
ヒトリガ科コケガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2008.5.28/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

腹が赤いか黄色いか、それが問題だ

0806051
図鑑とにらめっこをして調べてみました。どうやらヒトリガ科の蛾のようです。アカハラゴマダラヒトリ、キハラゴマダラヒトリのどちらかではないかと推測しました。この両者は腹部の色が違うのですが、この写真からは肝心な部分が見えません。とりあえず、この二種のうちのどちらかということにしておきます。


参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2008.5.28/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)