6月の蛾

2011年7月14日 (木)

蝶と間違えそうな白黒の蛾

1107141

霧に包まれる初夏のスキー場。ここ群馬県片品村のスキー場には山菜狩りの人たちが大勢やってきます。


山菜を探してふと足元に目をやると…


傷ついた蝶が羽を休めています。


1107142

あれ? 蝶じゃないですね〜


どうやらシャクガの仲間のようですが、上品なデザインとスマートな胴体をしています。これじゃぁ蝶と間違えても不思議ではないでしょう。


名前はサカハチクロナミシャクのようです。ごく普通の蛾らしいのですが、見かけた記憶がありません。


幼虫の食草はツツジ科やカバノキ科の植物らしいです。レンゲツツジやウラジロヨウラク、シラカバなどが好物だとか。確かにこれらの植物は茨城県南部にはありません。なので、見たことがなくて当たり前なのかもしれません。


●サカハチクロナミシャク/Rheumaptera hecate hecate
シャクガ科ナミシャク亜科


参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』


(撮影:2011.6.11/群馬県片品村)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

白と黒と灰と/モノトーンデザインの妙

1106271

蛾のなかには白黒の地味なものがいます。そんな蛾たちは華やかさには欠けるものの、妙に高貴な印象を与えたりするものです。


潔いデザインというのでしょうか、変に記憶に残ったりするんですね〜


子どもの頃、マサキに止まっていたユウマダラエダシャクをよく見かけました。「おどろおどろしい蛾だなぁ」と不気味に感じていた自分を今でも思い出します。その記憶が鮮烈に甦るのが、写真のような地味な蛾を見た瞬間。


そうなんです。私の場合、記憶の扉を開くものが蛾だったりするわけです。蛾が嫌いではないのは、そのあたりに理由があるのかもしれません。


こちらの蛾はユウマダラエダシャクではなく、ウンモンオオシロヒメシャクのようです。こんな模様や色を美しいと思えるのは、もしかすると幸せなことなのかもしれない…と思うようにしています。


●ウンモンオオシロヒメシャク/Somatina indicataria morata
シャクガ科ヒメシャク亜科


幼虫の食草はスイカズラ科の植物のようです。スイカズラやオオバヒョウタンボクという名前が挙がっていました。スイカズラなら茨城県南部にいっぱいありますから、この蛾もいっぱいいることでしょう。


参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』


(撮影:2011.6.12/土浦市)


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

アヤメまつりの黄色い蛾

1007151
6月下旬のことです。常陸太田市には水戸光圀公の隠居・西山荘があります。そこは公園のようになっていて、敷地内でアヤメまつりが開催されていました。


1007152
けっこうな数が咲いていて、色もさまざまなので見応えがありました。


1007153
そのときに見つけた蛾がこちら、サラサヒトリです。見れば見るほどかっこいい模様です。まるで歌舞伎の隈取りのようで、なかなかの迫力ではないでしょうか。

図鑑ではサラサヒトリでしたが、ネットで検索したらサラサリンガという名前になっていました。以前はヒトリガ科ヒトリガ亜科だったようですが、今はコブガ科リンガ亜科に分類されているみたいです。これにともなって和名もサラサリンガに変更になったのだと思います。ふ〜ん、知りませんでした。

幼虫の食餌植物はクヌグ、ナラ、カシなどのブナ科コナラ属の葉っぱのようです。


●サラサリンガ/Camptoloma interioratum
コブガ科リンガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2010.6.25/常陸太田市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

カギバのようなシャクガ

1006271
青い(というか、緑ですかね)シャクガはきれいです。アオシャクと呼ばれる仲間は種も多数ですが、この蛾はかなり大型の部類です。モンシロチョウより大きいと思います。

前の翅がカギバの仲間のように尖っています。調べてみたらカギバアオシャクでした。この名前、カギバに似た翅の形から名付けられたのでしょうか? じつにきれいな蛾です。個人的には蝶と同等に美しい蛾だと思います。

幼虫の食餌植物はブナ科コナラ属。コナラ、クヌギ、その他カシ類だそうです。


●カギバアオシャク/Tanaorhinus reciprocatus confuciarius
シャクガ科アオシャク亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑』
(2010.6.27/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

「セーフ!」 お前は野球の審判かっ!

1006211
赤い蛾と言っていいのか、黒い蛾と言った方がいいのか、とても迷う蛾です。

脚に生えている刺状の突起がやたら目立ちます。

調べてみると、セグロベニトゲアシガであることがわかりました。幼虫はワタアブラムシやタケノアブラムシなどを食べるそうです。いわゆる動物食です。ひょっとすると、この毒々しい紅色にはアブラムシの怨念が込められているのかも? いや、冗談です。

図鑑ではマイコガ科になっていましたが、今はニセマイコガ科に所属しているようです。


●セグロベニトゲアシガ/Atkinsonia ignipicta
ニセマイコガ科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑』
(2010.6.9/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

天使の羽

1006111
よく絵画に描かれている天使の羽は、体の大きさと比較して小さいような気がします。

マドガの翅を見ると天使の羽を思い出してしまいます。

外見の印象としては蛾よりも蝶に近いような気がして仕方ありません。花の蜜なんか吸っていますし…

幼虫の食草はボタンヅルだそうです。


●マドガ/Thyris usitata
マドガ科マドガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑』
(2010.6.9/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

渋い! 昔の着物か?

1006091
薄緑と言うか、薄いうぐいす色と言うか…

落ち着いた色の蛾です。昭和初期の着物というか、綿入りの半纏などにこんな色がよく使われていたようなイメージがあります。念のため申し添えますが、私は昭和初期の生まれではありません。

図鑑とネットで調べて、オスグロトモエと判断しました。久しぶりの大物の撮影にちょっと感動しました。幼虫の食草はアカシアのようです。


●オスグロトモエ/Spirama retorta
ヤガ科シタバガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2010.6.9/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

なんとなくカギバ、やっぱりカギバ

1006031
本日、筑波山で見つけた蛾です。

カギバっぽいなぁ〜と思っていたら、やっぱりカギバでした。

図鑑で照合してオオカギバと判断。初めて見たカギバなのでちょっと嬉しいです。でも、羽化不全のようで後翅がよじれています。

付近にほかの個体の翅が落ちていました。鳥に食べられた残骸のようでした。さらに、周りから飛び立った個体もいたので、この場所で複数発生している感じです。幼虫の食草はウリノキらしいです。

植物図鑑でウリノキを確認してみました。確かに図鑑に載っていたような木がたくさんあったような気がします。発見した場所には、多数発生しても不思議ではない環境が揃っているようです。


●オオカギバ/Cyclidia substigmaria nigralbata
カギバ科オオカギバ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 下』
(2010.6.3/桜川市・旧真壁町の筑波山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

虎模様のスカシバ

0907061
事務所の部屋に紛れ込んだ蛾です。見るからにスカシバの仲間のような雰囲気。さっそく調べてみたら、カシコスカシバであると判明しました。

事務所の周りは住宅と田んぼしかありません。なんで紛れ込んできたのでしょう? 不思議です。

ネットで調べてみると、幼虫の食草はアカガシ、アラカシ、コナラなど。茨城県内ならどこで見てもおかしくなさそう。普通に見られる蛾なのかも知れません。


●カシコスカシバ/Synanthedon quercus
スカシバガ科スカシバガ亜科

参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』
参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
(2009.6.30/水戸市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

パンダのような白黒の蛾

0907051
ハマキガの仲間だろう予想して図鑑を見ましたが…撃沈! わかりませんでした。

体長で表現すると12〜13ミリくらいだったと思います。茨城県西部にある公園内の茂みで見つけました。


参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』
参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
(2009.6.23/境町)

| | コメント (1) | トラックバック (0)