« 太めの帯、三本 | トップページ | そなた、所属は何科じゃ? »

2009年6月29日 (月)

けっこう名の知れた蛾なのでは?

0906291
なぜか昔から知っているカノコガ。蛾に興味がない頃から名前だけは耳にしていました。

公園を歩いているときなども、子どもたちが「あっ、カノコガだ!」なんて叫んでいる声を耳にします。なぜなんでしょう? そんなに人気者になる蛾ではないと思うのですが…

考えてみれば蛾らしくない蛾なのかもしれません。鹿の子模様が日本人の遺伝子、いや記憶に染み付いているのでしょうか。体も小さいですし、鱗粉をまき散らす嫌な感じがないから? 個人的な意見ですが、飛ぶときの姿がかわいらしいからかも。

まあ、とにかく意外にも名の知れた蛾の一種なのでしょう。写真は交尾中のカノコガです。図鑑ではカノコガ科になっていましたが、ネットで検索するとヒトリガ科カノコガ亜科になっていました。今はカノコガ科は存在しないのでしょうか?


●カノコガ/Amata fortunei fortunei
ヒトリガ科カノコガ亜科

参考サイト:みんなで作る日本産蛾類図鑑
http://www.jpmoth.org/
参考文献:保育社『原色日本蛾類図鑑 上』
(2009.6.20/小美玉市・旧美野里町)

|

« 太めの帯、三本 | トップページ | そなた、所属は何科じゃ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438899/30338372

この記事へのトラックバック一覧です: けっこう名の知れた蛾なのでは?:

« 太めの帯、三本 | トップページ | そなた、所属は何科じゃ? »